【モニタリング】りゅうちぇるがチェコで弟子入りした場所は? 5月4日 TBS

「ニンゲン観察バラエティ・モニタリング」の企画でタレントのりゅうちぇるがチェコに行くことになりました。

チェコは女性バックパッカーの中でも人気の国なんだそうです。

最近はテレビで引っ張りだこのりゅうちぇるです。

そのりゅうちぇるがチェコで弟子入りし修行した場所はどこなのか調べてみました。


出典:https://www.klm.com/destinations/jp/ja/article/pragues-astronomical-clock

スポンサーリンク


りゅうちぇるがチェコで弟子入りした場所は?

モニタリングでも大活躍中のりゅうちぇるですが、今回は世界的エンターテイナーを目指してチェコに向かいました。

実はチェコは芸術大国と言われるくらい大道芸をしている方々がたくさんいるのです。

りゅうちぇるはその大道芸をしている人に直接声をかけ、弟子入りを志願します。

つまり、りゅうちぇるが大道芸人になれるのか挑戦する企画となっています。

弟子入りしたは良いものの師匠と弟子が意思疎通できない、言うことがかみ合わない中でもりゅうちぇるは奇跡を起こします

さすがはりゅうちぇるですね。

さて、りゅうちぇるがチェコで大道芸を習っている場所は、一体どこなのでしょうか?

チェコで大道芸の有名な場所といえば「ヴァーツラフ広場」「旧市街広場」「カレル橋」といったところがすぐに思い浮かびます。

りゅうちぇるがチェコで大道芸を習っている場所は、その辺りではないかと思われます。

りゅうちぇるのチェコの舞台場所が判明

チェコの観光地でもある「天文時計台前」なんだそうです

「パイレーツ・オブ・カリビアン」も不安定ながらも演奏し、大きな拍手をもらっていました。

師匠とのコラボ演奏で、約200人ほどの人だかりができたんだとか

りゅうちぇる、さすがです。

りゅうちぇるが演奏した楽器は?

りゅうちぇるが演奏した楽器は打楽器「ハンドパン」と言います。

男性の師匠に演奏を教えてもらうようお願いし、練習を開始しました。

最初は音が出せませんでしたが、徐々に音を出せるようになりました。

「パイレーツ・オブ・カリビアン」の曲を練習してから、天文時計台前の広場で披露したのです。

完璧とは言えませんが何とかやりきり、集まった観衆から拍手をもらいました。

りゅうちぇるはここから、世界進出の一歩を踏み出したのでした。


出典:http://blog.latelier-maru.com/handpan_intro/

スポンサーリンク


まとめ

言葉が通じないのに何度も奇跡を起こしたりゅうちぇる。

やはり、ただ者ではありません。

ガチでやってますからね。

世界進出の記念すべき一歩はチェコから始まりました。

次も見てみたくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL