村田諒太が判定負け?手数の問題か?判定に疑惑の声が続出

プロボクシングのトリプル世界戦が東京・有明コロシアムで行われ、WBA世界ミドル級王座決定12回戦で村田諒太(31)が判定負けしました。

村田は12年ロンドン五輪同級金メダリストで同級2位です。

同級1位のアッサン・エンダム(33)からダウンを奪うも、1―2の12回判定で敗れ、世界初挑戦での王座戴冠はできませんでした。

しかし、村田諒太は優勢に見えたため、この判定に疑惑の声が続出しています。

スポンサーリンク


誰もが村田の判定勝ちだと思っていた

村田諒太はアッサン・エンダムからダウンを奪い、試合を有利に進めたため、誰もが村田の王座戴冠を確信しました。

しかし判定は「まさか」のアッサン・エンダムの判定勝ち。

判定が下った直後から、ネット上では不満の声が続出。

「絶対に村田の判定勝ちだと思ってたのに」

「誰がどう見たって村田諒太の勝ちでしょ!?」

「ダウンも奪っているのに、こんなモヤモヤした判定って…」と納得できないといった様子の声が多数見られました。

村田諒太が判定負けは手数の問題か?

村田の判定負けに納得できないネットの声が有る一方で、「有効打は村田の方が多かったけど、手数は圧倒的にエンダムの方が多かったからかな」と判定に理解を示す声もあります。

「判定になれば手数がものをいう。村田はあまりにも手数が出なかった」と冷静に試合を分析した上での意見も見られました。

しかし有効打は村田の方が多い印象であり、ダウンを奪ったという事実も考慮すれば、判定に疑問が出るのも分かります。

アッサン・エンダムが評価された?

各ラウンドの採点基準から考えも、殆ど村田が優勢であったと思われます。

もしもアッサン・エンダムが評価されるとしたら、ディフェンス技術を駆使して、攻撃を防いでいたという部分でしょうか。

村田のあれだけの猛攻を受けて、ダウンは1度だけで耐えたことがすごいと判定されたのでしょうか?

しかしボクシングは攻めるスポーツなので、ディフェンスだけでは勝てないはずです。

スポンサーリンク


まとめ

村田諒太が判定負けはスッキリしないというのが大方の気持ちでしょう。

おそらく判定が覆ることもないでしょう。

それならば、村田諒太にはリターンマッチで確実な勝利で王座を戴冠してほしいと強く思います。


最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

ブックマークよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL