ロジャー・ムーアさんが他界 「007」でボンド役 享年89歳

23日、スパイ映画「007」シリーズのジェームズ・ボンド役で人気を集めた英国の俳優ロジャー・ムーアさんが他界したと報じた。

89歳だった。家族によると、がんのためスイスで闘病中だったという。

3代目の公式ボンド役として1973年から85年まで出演。歴代のボンド役で最長だという。

スポンサーリンク


ジェームズ・ボンド役の3代目

ムーアさんは、スパイ映画「007」シリーズの主人公ジェームズ・ボンド役の3代目として知られ、「私を愛したスパイ」(1977年)などの作品がある。国連児童基金(ユニセフ)親善大使も務めた。

ロジャー・ムーア版007

ロジャー・ムーアさんは「サー」の称号を持ち、007シリーズでは3代目ジェームズ・ボンド役として活躍しました

出演作は以下の計7作に出演しました。

「死ぬのはやつらだ」(1973)

「黄金銃を持つ男」(1974)

「私を愛したスパイ」(1977)

「ムーンレイカー」(1979)

「フォー・ユア・アイズ・オンリー」(1981)

「オクトパシー」(1983)

「美しき獲物たち」(1985)

ロジャー・ムーアの魅力とは?

TVシリーズ「テンプラーの華麗な冒険」などの出演で顔を知られていたこともプラスになり、ボンド役には何の違和感もなく演じていました。

実は、初代ボンドを決める際に、ロジャー・ムーアさんも候補に上がっていたそうです。

しかし、当時TVシリーズにかかりっきりでスケジュール調整ができなかったために断念したといいます。

また、「女王陛下の007」のときも声がかかったのですが、この時も実現せず、 ようやく3代目ボンド役を手にしたのです。

ソフトでスマートで、バランスのとれた男らしい個性と魅力が持ち味でした。

野性的な初代ショーン・コネリーとは対照的で、ジェントルな個性が魅力でした。

スポンサーリンク


ロジャー・ムーアを悼むネットの声

「ロジャームーアのボンドは、一番笑みを浮かべるボンドで、一番ジョークが多めで、一番チャラいのにすごく上品で清潔さもある、というすごく不思議で魅力的なキャラクターな気がする」

「自分の中で007と言えばロジャームーア氏でした。 ご冥福をお祈りいたします。」

「どんな困難にも立ち向かい機関銃の弾どんなに撃たれても当たらなくて悪漢と物凄い格闘してもタキシードに汚れ一つ付けずに戦えるロジャームーアだったのになぁ」

「ロジャームーアのボンドと言えば、海に潜るロータスエスプリと、「Bond 77」」

「私の中の007といえば、ロジャームーアに声優は広川さんでした。 小学校の時に水曜ロードショーではよく放送されていて、 小さいながら真剣に見ていました。 どうぞ安らかにお眠りください。」

「最初に映画館で観た007がムーンレイカーだったので、ロジャームーアには思い入れはある」

「ロジャームーアさん死去これは悲しい! 007ロジャームーアさんの作品見てから好きになったから思い入れが強すぎる! そして超かっこよかった」

「ロジャームーアの007が子供時代の初ボンドでした。エンターテイメントとして楽しめました。ショーンコネリーの渋さは子供には早かった。「私を愛したスパイ」が特にお気に入り。」

「思い出をありがとうロジャームーア。 ありがとう。 」

「ロジャームーア亡くなったの… 御冥福をお祈りします。 嗚呼ボンドよ永遠に」

ご冥福をお祈りします。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

ブックマークよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL