「YouTube Kids」子供向けアプリ日本展開 おしりたんてい

Googleは31日、子供向けのYouTube視聴アプリ「YouTube Kids」を日本向けに提供開始しました。

iOS/Android向けアプリを用意しており、無料で利用できます。

YouTubeにアップロードされている動画から、子供やその保護者が安心して楽しめるコンテンツを自動でフィルタして選定しています。

現在28国で展開し、7言語に対応しているそうです。

スポンサーリンク


子供達が動画を簡単に探せる

子供達が動画を簡単に探せるように、アプリ内には「アニメ・ドラマ」、「おんがく」、「まなぶ」、「はっけん」の4カテゴリを用意されています。

各カテゴリのコンテンツ数は公開されていません。

複雑な機能は省かれており、UIのデザインもアイコンは大きく、わかりやすい。

文字入力での検索も可能ですが、音声検索機能も備え、音声での動画検索も可能。選んだ動画は自動的に全画面表示されます。

家族で楽しみたい時は、Chromecastやゲーム機、スマートテレビを使って大画面で視聴する事もできます。

妖怪ウォッチ、ポケモンも

視聴できるのはセサミ ストリート、ひつじのショーン、妖怪ウォッチ、ポケットモンスター、プリキュアなどのアニメ。

他に、昔ばなしや絵本の読み聞かせ、歌や乗り物、工作、ゲームなど。

視聴に適さないと思われる動画が見つかった場合、プレーヤーのアイコンから報告できます。

保護者が子供の視聴を管理できる

保護者が、子供の視聴体験を管理できる機能も用意しています。

タイマー機能は、視聴時間を管理するもので、例えば30分を経過するとアプリをロックできます。

視聴体験の範囲も設定可能です。

検索設定をOFFにすると、新しいコンテンツを検索できなくなります。

アプリによって選ばれたホーム画面の動画と、その視聴に基づいたおすすめの動画が視聴できます。

これらの制限機能や設定を行なうための、カスタムパスコードも設定ができます。

スポンサーリンク


YouTubeに子供向けコンテンツが集まる

日々大量の動画がアップロードされるYouTubeですが、その中でも子供向けのコンテンツは急激にコンテンツ数が増えているジャンルの1つだそうです。

発表会には、そうしたコンテンツパートナーチャンネルが集結しました。

講談社のキッズボンボン
小学館のコロコロチャンネル
ベネッセコーポレーション しまじろうチャンネル
東映アニメーション
Kan & Aki’sチャンネル

それぞれの代表者も登壇しました。

「おしりたんてい」をアニメ化

東映アニメーション 企画制作本部の鷲尾天テレビ企画部長 兼 映画室長は、現在子供達から高い人気を集める絵本「おしりたんてい」のアニメ化を発表。

既にYouTubeで予告編を公開しています。

テレビアニメになるのか、映画になるのかといった、今後の展開についてはまだ検討中とのこと。

「おしりたんていは大変に人気。アニメを作ってみたので、皆さんに見ていただきたいとYouTubeに公開した。子供達にハードルは無く、面白いと思えばスポーツでも漫画でもアニメでもどんなところにも飛び込むもの。YouTubeの力を借りて、チャレンジしたい」と語りました。