零戦が東京湾上空を飛んだ レッドブル・エアレース千葉 2017

零戦(零式艦上戦闘機)が東京湾上空を飛行して幕張にやって来ました。

「レッドブル・エアレース千葉 2017」が千葉県の千葉県立幕張海浜公園で開催されていて、そのイベントとして6月3日に零戦が飛んできたのです。

この日会場では予選が行なわれていて、予選終了後の17時30分ごろ、東京スカイツリー方面から東京湾上空を渡って零戦が飛来。

会場の上空を2周してから飛び去って行きました。

零戦エアレース.jpg
出典:ああああああああああああああ

スポンサーリンク


レッドブル・エアレースとは?

レッドブル・エアレースとは一体なんでしょうか?

まさに空中で行うレースであり、小型飛行機で決まったコースを飛行して、タイムを競うレースです。

レッドブル・エアレース千葉 2017では、6月3日に予選が行われました。

決勝日6月4日は13時から14名のパイロットによる対戦「Round of 14」が行われます。

その勝者7名と敗者の中から最速タイムを記録した1名を加えた対戦「Round of 8」が行われます。

さらにその勝者4名の中から最後に優勝者を決定する「Final 4」が実施されます。

零戦里帰りプロジェクト

今回飛行した零戦は「零戦里帰りプロジェクト」の一環として飛行したものです。

零戦の機体は三菱重工業が1942年に製造した零式艦上戦闘機二二型で、全長9.06m、全幅12m、重量1863kg、最高速540.8km/h。

南太平洋のパプアニューギニアに残された残骸から復元されたものです。

世界に現存するレプリカを除く4機のうち、現在も空を飛ぶことのできる貴重な1機といいます。

なお、零戦の飛行は明日も予定されているそうで、決勝前の12時30分ごろ飛行の予定です。

零戦のパイロットと所有者は?

パイロットを務めたのは米国在住で、操縦士歴40年のベテラン柳田一昭さん(66)です。

操縦を終えて、飛行場に戻ってきた柳田さんは「感無量。東京湾の上はとても気持ち良かった」と話していました。

機体は、1942年に三菱重工が製造した「零式艦上戦闘機22型」です。

約10年かけて「零戦里帰りプロジェクト」を進めてきた実業家の石塚政秀さん(56)が所有しています。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

ブックマークよろしくお願いします。