沖ノ島が世界文化遺産に登録 逆転で8資産一括登録

沖ノ島が世界文化遺産に構成8資産を一括登録されました。

ポーランドのクラクフで開かれているユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界遺産委員会は7月9日に決めました。

内容は、福岡県の「『神宿る島』宗像(むなかた)・沖ノ島と関連遺産群」を世界文化遺産に登録するというものです。

構成8資産のうち、ユネスコの諮問機関が4資産を「除外」するよう勧告していましたが、世界遺産委は逆転で一括登録を認めました。

今回の登録で国内の文化遺産は17件となり、自然遺産と合わせた世界遺産は21件になります。

九州では2015年の「明治日本の産業革命遺産」(九州・山口地域など8県)の登録以来となっています。

スポンサーリンク


構成8資産を一括登録

構成資産は、まず、本土から約60キロの玄界灘に浮かび、「日本書紀」にも登場する海の女神が鎮座する宗像大社沖津宮がある沖ノ島と、島に付随する小屋島、御門柱、天狗岩の4資産。

それから、本土から約11キロ沖の大島にある中津宮と沖津宮遥拝所、本土にある宗像大社辺津宮、信仰を支えた宗像族の墓とされる新原・奴山古墳群(福津市)の4資産をあわせた計8資産です。

「顕著な普遍的価値がある」

「航海の安全を祈願する信仰が古代から現代まで断絶なく続いていることを示し、価値が高い」

「航海に関する分野は今の世界遺産一覧表には少ない分野」

という点が評価されたようです。

一括登録に至る国や地元の説得

諮問機関「国際記念物遺跡会議」は5月、後者の4資産を「国家的なものにとどまり、世界的な価値は認められない」として除外勧告しました。

しかし、国や地元は世界遺産委の委員国に8資産の一括登録を熱心に説得していました。

その甲斐あってか、この日の審議では各国から「すべての要素が互いに機能し、価値がある」など一括登録を支持する発言が相次ぎ、逆転で一括登録が決定されました。


出典:https://mainichi.jp/articles/20170509/kei/00s/00s/004000c

沖ノ島の世界文化遺産としての価値

沖ノ島は4~9世紀、朝鮮半島や中国大陸への航海の安全などを願う国家的祭祀が行われた場所です。

銅鏡や黄金の指輪、朝鮮半島の馬具、シルクロード由来のガラス製品など8万点にのぼる奉献品(国宝)が出土しています。

そのことから、「海の正倉院」とも称されているのです。

スポンサーリンク


沖ノ島の宗教的なルール

沖ノ島への入島は原則禁じられ、以下の決まり事があります。

・女人禁制
・島で見聞したことを漏らしてはならない
・島にあるものを何一つ持ち帰ってはいけない

といった、多くの宗教的なタブーやルールがあります。

今後、文化遺産の保護と観光の両立、船舶の接近や無断上陸への対策などが課題となってきます。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

ブックマークよろしくお願いします。