藤井四段 14歳最後の公式戦で勝利 「成長できた1年」

デビュー戦以降「29連勝」し、連勝記録を更新した中学3年生の最年少棋士・藤井聡太四段(14)が11日、公式戦に臨みました。

関西将棋会館において加古川青流戦の対局を行い、対戦相手の都成竜馬四段(27)を下しました。

今回の対極が14歳で迎える最後の公式戦として注目されていました。

見事に白星で飾った藤井四段は「結果として勝てたのは嬉しかった」と素直に喜びました。

これで加古川青流戦ではベスト8入りということになります。

スポンサーリンク


藤井四段「成長できた1年」

藤井四段は19日に、15歳の誕生日を迎えるので、この日が14歳最後の公式戦でしたが見事に勝利で飾りました。

1年前は、奨励会の三段リーグで戦っていました。

藤井四段の快進撃は社会現象にまでなりましたが、怒濤の1年を振り返った本人は

「本当に周りの環境含めて変わった部分が大きかった。成長できた1年だったと思う」としみじみと感慨深く語りました。

藤井四段は都成四段に3連勝

藤井四段は都成四段と公式戦でこれまで2度対局しています。

「3局目を意識せずに自然体でと思っていました」と話す藤井四段です。

先手の都成四段が中飛車の形に組むと、居飛車で対抗しました。

中盤では、解説陣などから、都成四段がやや優勢との声も聞こえてきました。

しかし双方が持ち時間を使い切り、1分将棋での激しい攻防となりました。

藤井四段が得意の終盤力を見せ、130手までで都成四段が投了し、藤井四段の勝ちとなりました。

出典:http://www.asahi.com/articles/ASK766H8QK76PTFC019.html

藤井四段の対局後の発言

藤井四段が14歳の公式戦対局を締めくくったこの日に、「次の1年も強くなれるように頑張りたい」と宣言しました。

再び連勝街道を走り始めた天才中学生がさらなる高みをめざします。

さらに成長を続けたら、一体どこまで強くなれるのでしょうか?

スポンサーリンク


藤井四段 今後の対局はいつ?

藤井四段が行う今後の対局は以下の通りです。

7月21日東京将棋会館において「上州YAMADAチャレンジ杯」準々決勝があり、三枚堂達也四段対梶浦宏孝四段の勝者と対戦します。

7月24日関西将棋会館において「棋聖戦」予選で西川慶二七段と、勝てば阪口悟五段と対戦します。

7月27日関西将棋会館において「銀河戦」で平藤真吾七段と対戦します。

藤井四段の場合、一局一局が話題になりますから、見逃せませんね。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

ブックマークよろしくお願いします。