「EVO 2017」ストリートファイターVの優勝は日本人のときど

ストリートファイターVで日本人のときどが優勝しました。

アメリカ最大級の格闘ゲーム大会「EVO 2017」の「ストリートファイターV」のトーナメントでのことです。

米ラスベガスで7月14日~16日に開催していました。

スポンサーリンク


日本人選手のときどが優勝

「EVO 2017」の「ストリートファイターV」の決勝トーナメントは現地の16日にダブルイリミネーション方式で開催されました。

日本人選手には優勝はしたときどの他にも、板橋ザンギエフ、かずのこ、もけとベテラン勢を筆頭に多くの選手が決勝に進出していました。

Winners Roundから進出した板橋ザンギエフ、かずのこは共にアメリカのPunk選手に敗れました。

しかし、なんとLosers Roundから這い上がったときど選手が、Grand FinalでPunk選手を打ち破り、まさかの優勝という展開になりました。

ときど選手はPunk選手の冷静な反応に苦戦

Grand Finalではときど選手が豪鬼、Punk選手がかりんを使用しました。

終始、ときどによるセットプレイをいかにPunkがさばくかという展開になりました。

序盤はPunkの冷静な反応が冴えわたり、ときどが攻めきることができませんでした。

Punk選手は対空や着地後のわずかなスキを見逃しません。

しかしこの後、意外な展開になりました。

ときど選手が3本を先取して優勢に

だがなんとか3本を先取して、最初のマッチを勝ち取ったときど選手。

次の最終マッチはストレートで勝ち取り、圧倒的な勝負強さを見せつけました。

2本目には勝ち確定の瞬獄殺を決めるなどして、会場を盛り上げました。

Punkは序盤の冴えが見られず、攻めのテンポに対応することができなくなってしまいました。

最終的にときど選手が勝って優勝しました。

スポンサーリンク


ベテランのときど選手優勝の意味

昨年のEVOでも日本人選手は「ストリートファイターV」で好成績を収めていました。

しかし、何よりもベテランのときど選手が久しぶりにEVO王座に輝いたことはファンにはうれしいことです。

前回の優勝は10年前のEVO 2007での「スーパーストリートファイターIIX」であり、格闘ゲーム選手は長期間戦い続けられることを証明しました。

ときど選手の優勝は「マゴさんのおかげ」

優勝後のインタビューです。

インタービュー「Punkは大会を通してずっと圧倒してきたんだけど、Punk戦に向けてどういう練習してきました?」

ときど「かりん使いの友達が居るので、その人とたくさん練習しました」

インタービュー「秘密のトレーニング仲間ですか?」

ときど「秘密ではないですね、マゴさんです。一緒に練習してくれたマゴさんのおかげです。」

マゴ選手はルーザーズブラケットにてアメリカのケン使いブレント選手に惜しくも敗北していました。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

ブックマークよろしくお願いします。