作曲家の平尾昌晃さん他界 「カナダからの手紙」などヒット曲多数

平尾昌晃さんが21日午後11時40分、肺炎のため都内の病院で亡くなられたことが分かりました。

昭和の大ヒット曲「よこはまたそがれ」「瀬戸の花嫁」などの作曲で知られる作曲家の平尾昌晃さんは79歳でした。

2年前に肺がんと診断され闘病しながら、精力的に仕事をこなしていました。

スポンサーリンク


平尾昌晃さんはウエスタンバンドから

平尾昌晃さんは慶応義塾高中退後、当時人気のウエスタンバンド「チャック・ワゴン・ボーイズ」に入り音楽活動を開始しました。

57年、石原裕次郎主演の「嵐を呼ぶ男」にも出演しています。

翌年は「リトル・ダーリン」でソロ・デビューし、「星は何でも知っている」「ミヨチャン」のヒットを飛ばしました。

ミッキー・カーチス、山下敬二郎とともに「ロカビリー三人男」として日劇ウエスタンカーニバルの看板スターでした。

平尾昌晃さんは半世紀以上前から音楽活動をしていたのですね。

平尾昌晃さん作曲家として活動

ロカビリーブーム後、平尾昌晃さんは作曲を勉強し、67年に布施明の「霧の摩周湖」、梓みちよ「渚のセニョリーナ」で第9回日本レコード大賞作曲賞を受賞しています。

70年代は五木ひろし「よこはまたそがれ」、小柳ルミ子「瀬戸の花嫁」、アグネス・チャン「草原の輝き」などを作曲し、ヒットチャート上位に作品が並んだこともあります。

平尾昌晃さんはこの頃、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いがありました。


出典:http://www.oricon.co.jp/news/2059998/full/

平尾昌晃さんは音楽学校を作った

平尾昌晃さんは74年に「平尾昌晃音楽学校(のちの平尾昌晃ミュージックスクール)」を創立しました。

石野真子、狩人、松田聖子、倖田來未、後藤真希といったそうそうたるメンバーを輩出しました。

その中で、生徒だった畑中葉子とデュオを組み、78年に「カナダからの手紙」というデュエット曲を歌って大ヒットしたのは有名な話です。

スポンサーリンク


ドラマ・アニメや紅白など活躍の場を広げた

日本テレビの人気ドラマ「熱中時代」シリーズやテレビ朝日系の時代劇「必殺シリーズ」、アニメ「銀河鉄道999」などの音楽も手掛け、80年代からは宝塚歌劇団の舞台音楽にも携わり、幅広く活躍していました。

06年からは「NHK紅白歌合戦」で番組のフィナーレを飾る「蛍の光」の指揮を務めました。

ご冥福をお祈りします。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

ブックマークよろしくお願いします。