藤井四段 棋聖戦予選 15歳初勝利で連勝

将棋の藤井聡太四段(15)は7月24日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われた棋聖戦1次予選で1、2回戦を連勝しました。

今月19日に15歳になってから初勝利で、公式戦通算33勝2敗となりました。

棋聖戦3回戦は竹内雄悟四段(29)と対局します。

スポンサーリンク


藤井四段の棋聖戦1次予選で1、2回戦

1回戦は西川慶二七段(55)との相矢倉戦を113手で制しました。

ベテラン棋士に対しても、物怖じすること無く、雰囲気に飲まれること無く危なげなく勝利しました。

2回戦では先手中飛車の戦法を採った阪口悟五段(38)を90手で破りました。

藤井四段は「前回の阪口五段戦は途中かなり苦しくしたので、内容重視で指そうと思った。落ち着いて臨めた」と完勝した対局を振り返った。

このところ落ち着きも見られるようになり、とても15歳とは思えません。

藤井四段の前回21日の黒星について

藤井四段は今月19日に15歳になったばかりです。

21日に15歳で初めての公式戦を若手のホープ三枚堂達也四段(24)と戦いましたが敗れてしまいました。

佐々木勇気六段(当時五段)との戦いに敗れた後、公式戦2敗目を喫しましたが、その後の対局は勝利で飾りました。

昨年12月のプロデビューから、通算33勝2敗となりました。

出典:http://www.sankei.com/west/news/170724/wst1707240051-n1.html

藤井四段の怪物ぶり

藤井四段はデビュー以来、快進撃を続けています。

かつてデビュー仕立ての将棋の棋士がこんな勝ち方をするのを見たことがありません。

通算33勝2敗というのは異常な勝率なのです!

このままのペースで行けば、年間の勝率も新記録となるでしょう。

藤井四段に勝つためにプロ棋士の間で研究が広がり、プロ棋士全体のレベルがアップするのは良いことです。

今まで将棋に関心の無かった人たちにまで将棋が浸透し、見直されてちょっとした将棋ブームになっています。

その将棋ブームの火付け役になったのが藤井四段です。

いや、もう一人、「ひふみん」こと加藤一二三九段の存在も大きく、相乗効果で盛り上がっていますね。


出典:http://entitiesgraph.com/12363.html

若い藤井四段が勝ちを増やし、さらに強くなっていくことで、将棋ブームは長く続いていくことでしょう。

スポンサーリンク


最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

ブックマークよろしくお願いします。