藤井四段 王位戦予選で初戦突破 小林九段を下す

藤井聡太四段(15)が15日、8大タイトル戦の一つ、王位戦の予選トーナメント1回戦で小林健二九段(60)に勝利し、2回戦進出を決めました。

この勝利で今期の通算成績は36勝3敗ということになります。

藤井四段はデビュー以来の公式戦29連勝の新記録をつくり、将棋ブームの立役者となった中学生棋士です。

スポンサーリンク


藤井四段が出場した王位戦とは?

藤井四段が出場した王位戦とは、将棋の8大タイトル戦の一つで、予選を勝ち抜いていき最終的にタイトル保持者と七番勝負を行います。

本日の対戦は来年夏の七番勝負の挑戦者を決める戦いの初戦で、大阪市福島区の関西将棋会館で対局がありました。

今年の七番勝負は現在、羽生善治王位(46)と挑戦者の菅井竜也七段(25)で争われています。

藤井四段の差し回し

藤井四段はこの日、序盤から巧みな指し回しをみせ、対戦相手の小林九段を押し切りました。

自玉の守りよりも攻めを優先した指し方を選択したようでした。

終局後のインタビューで藤井四段は、

「序盤に一歩得になったが手損も大きく、中盤は難しかった。最後になって勝ちが見えた。王位を目指して一局一局がんばりたい」

と話しています。

一方、和服姿で気合を入れて対局に臨んだ小林九段は、

「途中盛り返せるかとも思ったが……強いですね。来月も対局があるので、次は勝ちたい」と語りました。


出典:http://shogiweblog.net/archives/3024

藤井四段のこの日の勝負めし

藤井四段の勝負めしが毎回注目されていますが、昼食には藤井四段は御用達となっている、そば・うどん店「小雀弥」のかもなんばそばを注文しました。

小林九段は同店の冷しそうめんとミニ親子丼を選んでいます。

藤井四段の勝負めしは麺類になることが多いようです。

藤井四段の今期の記録は?

藤井四段は昨年12月のデビュー戦から今年6月まで公式戦負けなしの29連勝を達成しています。

新人ながら30年ぶりに歴代1位の連勝記録を塗り替えました。

連勝記録は一旦途絶えましたが、今期の藤井四段は最多勝率や最多勝利数などでも新記録が狙えるペースです。

将棋の強豪がひしめく公式戦での勝率や勝利数としては抜群の成績となっています。

スポンサーリンク


藤井四段の次の対局は?

藤井四段が次に対局するのは8月22日になります。

朝日杯将棋オープン戦の1次予選2回戦で、大石直嗣六段(27)と対戦します。

その対局に勝てば、当日午後2時からの3回戦で竹内雄悟四段(29)と対戦します。

一体どこまで勝利数を伸ばしていくのか計り知れないところがある藤井四段です。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

ブックマークよろしくお願いします。