藤井四段 初の連敗にガックリ 加古川青流戦

藤井聡太四段(15)が2日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第7期加古川青流戦準々決勝に登場しました。

藤井四段は歴代新記録の公式戦29連勝を樹立した将棋の史上最年少棋士です。

結果は、井出隼平四段(26)に後手番の131手で敗れ、公式戦初の連敗を喫した。

前回は8月24日に行われた棋王戦第一局で豊島将之八段に敗れていました。

これで通算成績は38勝5敗となりました。

スポンサーリンク


藤井四段 初の連敗にガックリ

藤井四段は8月24日の棋王戦本戦で豊島将之八段(27)に敗れているので、公式戦初の連敗となりました。

中盤までリードしていましたが、一分将棋に入り差し迫った状況の中で緩手を指し逆転負けとなりました。

終局後は肩をガックリと落とし、「(一分将棋の)秒読みの中で間違えてしまいました」と悔しさをにじませていました。

連敗については「対局を重ねていけば連敗はあるので、しっかり受け止めて、これからもっと強くなることを目指していきたいです」とあくまで前きです。

本局の勝者である井出隼平四段は、午後2時から加古川青流戦の次戦に望みます。

加古川青流戦とは?

加古川青流戦とは、四段や奨励会員ら若手が参加する8大タイトル戦には含まれない一般公式棋戦です。

藤井四段は1955年の六・五・四段戦(現在は終了)で加藤一二三九段(当時五段)が記録した15歳10か月を超える15歳3か月での史上最年少棋戦優勝記録の可能性がありましたが、残念ながら実現しませんでした。


出典:http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/09/02/kiji/20170902s000413F2150000c.html

藤井四段の今後の対局は?

藤井四段は今回、残念ながら敗れてしまいましたが、次の対局がすぐにあります。

9月3日にNHK杯トーナメント2回戦があり森内俊之九段と対戦します。

森内九段は元名人なので強敵です。

午前10時からEテレで異例の生放送され、終局まで放送するみたいです。

9月7日には新人王戦準々決勝があり、佐々木大地四段と対戦します。

スポンサーリンク


最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

ブックマークよろしくお願いします。