桐生祥秀が日本人初の9秒台!100m9秒98

桐生祥秀が福井県営陸上競技場で行われた日本学生対校選手権で男子100メートルで日本人初の9秒台を記録しましたね。

日本人として初めて10秒の壁を突破しましたね!

9秒台は9月9日に記録されました。

桐生は東洋大4年で、昨年のリオ五輪でも活躍しました。

先日行われた世界陸上では400mリレーのメンバーでした。

スポンサーリンク


桐生祥秀100m9秒台 日本記録更新!

桐生選手は決勝で追い風1・8メートルの中、9秒98で優勝しました!

今まで出るようで出なかった9秒台が、今回ついに出ました!

待ちに待った日本人の9秒台すごいですね。

100mの世界のレベルは9秒台ですから、ようやく追い付きつつあるといった感じですね。

今までの日本記録は伊東浩司が98年に記録した10秒00で、これを19年ぶりに更新しました。

日本記録を出したレースの直後、桐生選手も興奮しながら、

「やっと4年間くすぶっていたベストを更新することができた。9秒台を出せて、(世界の)スターラインに立てたかな」と嬉しそうですね。

桐生祥秀の9秒台を待っていた

桐生選手が京都・洛南高3年だった13年4月に日本歴代2位の10秒01を記録しました。

彗星のごとく現れた陸上界のスター選手にみんなが9秒台を期待していました。

15年3月にはテキサス・リレーに出場し、追い風3・3メートルながらも9秒87を記録しています。

風力が2・0メートルを超えると「参考記録」として扱われ「公認記録」とはなりませんが、電気計時で日本人初の9秒台を記録していました。

そして今回、晴れて公認記録として10秒00の壁を破り、日本陸上史上に名を残しました。


出典:http://matomame.jp/user/bohetiku/1b1e0fbae16516a544ff

●追い風参考記録とは?

追い風参考記録(おいかぜさんこうきろく、英語: Wind assistance)とは、走方向の追い風による顕著な影響が認められる陸上競技種目において、風速が追い風2.0m/sを超えると各種大会の順位付けの記録は付くが、公認記録としては認められず「参考記録」にとどめられること。
引用:https://ja.wikipedia.org/

桐生祥秀は好調で後半の伸びも良かった

桐生選手は前日の予選では、追い風4・7メートルの7組で10秒18(追い風参考記録)の1着でゴール。

準決勝でも追い風2・4メートルの中、10秒14で駆け抜けました。

好調で記録を伸ばしたのですが、風がふいて追い風参考になるかもしれない状況です。

桐生選手は決勝でも好調で、追い風も穏やかになったことも味方して公認記録で9秒台を記録しました!

桐生と肩を並べるライバルたちもしのぎを削っているので、どの日本人選手が9秒台を出してもおかしくありません。

東京オリンピックを1つの大きな目標として9秒台の選手が揃えば、世界と戦う下地が出来ますね。

桐生選手、本当におめでとうございます!これからも期待しています!

スポンサーリンク


最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

ブックマークよろしくお願いします。