土星探査機カッシーニ 20年の任務完遂

無人探査機カッシーニは日本時間15日夜、土星の大気に突入して燃え尽き、20年に及んだ任務を終えました。

初の土星探査機として、謎が多い輪の成り立ちの解明しました。

また、タイタンとエンセラダスの両衛星に生命が存在する可能性を突き止めるなど多くの功績を上げてきました。

そんなカッシーニが15日夜、木星に突入しグランド・フィナーレとなりました。

スポンサーリンク


カッシーニの最後の任務

NASAによれば、カッシーニは同午後7時半ごろ、土星の上空約1900キロの大気層に突入したとのこと。

姿勢制御が不能になるまで、大気成分などを測定しながらデータを地球へ送信したようです。

約14億キロ離れた地球に届くまでに83分かかることから、同8時55分ごろに電波が途絶えました。

大気突入前には、13日以降に撮影した美しい輪やタイタンなどの画像を地球に送ってきています。

カッシーニの成果

1997年に打ち上げられたカッシーニは、2004年に土星軌道に到達しました。

当初は08年に任務を終える予定でしたが、大きな故障がなかったことにより、NASAは運用期間を08年と10年の2度にわたって延長しました。

国立天文台の渡部潤一副台長は「宇宙に生命が存在可能な場所がそれまでの想像以上にあることを示した。放射線に長年耐えた技術も確かだった」とたたえています。
さらに「土星大気の実測データが得られれば初。新たな発見にも期待したい」とも話しています。

最後まで研究のために忠実に任務を遂行したのですね。


出典:http://www.nhao.jp/public/topic/20170915CassiniGrandFinale.html

カッシーニの20年の軌跡

カッシーニは2004年に土星の軌道に到着し、05年には土星最大の衛星タイタン(直径約5150キロ)にホイヘンスを突入・着陸させました。

氷点下180度の冷たいタイタン表面に液体のメタンやエタンの海があり、それが蒸発して雲を作り、雨となって川へ降り注ぐ--という地球と似た循環現象があることを明らかにしました。

世界中の天文学者を驚かせたのが、土星から24万キロ離れた衛星エンセラダス(直径約500キロ)の表面に、間欠泉のように噴き出す蒸気をとらえた画像です。

厚さ数キロ以上の氷に覆われた衛星の地下に、海がある可能性を示す発見でした。

採取した蒸気には有機物や二酸化ケイ素からなるナノシリカ粒子が含まれていたそうです。

これは生命存在の可能性を示すものとして注目されました。

スポンサーリンク


カッシーニ後の土星探査

NASAは今後10年間で取り組む重要ミッションを選ぶ作業をしています。

現在、その候補の一つに、エンセラダスへ再び探査機を送り、蒸気の中を飛んで生命の痕跡となるアミノ酸などの生体物質を調べる計画が検討されているそうです。

採取物を地球へ持ち帰る「サンプルリターン」を構想する研究者もいます。

NASAの計画に関わる研究者の1人は「カッシーニは生命存在の環境が地球外にも十分整っていることを明らかにした。次は生命自体の存在に迫る探査になる」と意気込んでいます。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

ブックマークよろしくお願いします。