ソフトバンクが2年ぶりリーグ優勝!西武の目の前で胴上げ

ソフトバンクが2年ぶりにリーグ優勝しました。

パ・リーグでは18度目、1リーグ時代を含めると20度目のリーグ優勝となります。

9月16日のリーグ優勝は、15年にソフトバンク自身が記録したパ・リーグ最速V記録を更新しました。

工藤監督は歓喜の胴上げで7度宙を舞いました。

スポンサーリンク


ソフトバンクが優勝を決めた試合内容

ソフトバンクが優勝を決めた試合では西武が先手を取りました。

2回ノーアウト、先頭の山川が17号ソロを放ち先制。

1点を追うソフトバンクは4回に柳田の30号2ランで逆転に成功しました。

5回には今宮が1死二塁から左前適時打、柳田も1死一、三塁から右翼線に適時二塁打、続くデスパイネも1死二、三塁から右前適時打で、この回4点を追加。

7回には本塁打争いトップを走るデスパイネが33号ソロでだめ押しです。

終わってみれば西武3-7ソフトバンクの4点差で勝敗を決しました。

先発東浜は6回1失点の好投でリーグ単独トップとなる16勝目を記録しました。

西武先発野上は5回途中6失点で10敗目を喫しました。

西武にとっては屈辱

西武にとって本拠地でのリーグ優勝は屈辱です。

昨年9月28日の日本ハム戦に続き2年連続で西部の本拠地でリーグ優勝を決められています。

西武にとって、目の前で胴上げを見せられる屈辱はここ9年で6度目となります。

ソフトバンク相手に7勝15敗目を喫した辻監督は、
「(先発・野上が)ちょっと良くなかった。ストライクも高かったし、ちょっと不安もあった。ただちょっとした差だから。ボールを投げなきゃいけないところでストライクがいくとか…。でも、東浜が良かったからね。いつもより当然気合が入っていたしスピードもあった」と潔い様子で振り返りました。

西武はCSでの勝ち上がりが目標

西武の辻監督は現役時代、目前で相手の胴上げを見た経験は日本シリーズで3回ぐらいあるそうです。

さらに「これは巡り合わせ。選手たちも当然悔しいだろうし、去年の胴上げより今年の方がより悔しいと思ってくれたら、今年のシーズンがより価値があった気がする」と西武の再建1年目の試練と受け止めているようでした。

西武は負けたとはいえ2位につけているので、CS(クライマックスシリーズ)で勝ち上がり、またホークスと対戦することを、CSファーストステージでの次の目標に掲げています。

スポンサーリンク


最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

ブックマークよろしくお願いします。