羽生結弦 SP世界歴代最高の112・72点

羽生結弦がSP世界歴代最高の112・72点を叩き出しました!

フィギュアスケート・オータムクラシック(22日、カナダ・モントリオール)男子ショートプログラム(SP)で、今季初戦を迎えたソチ五輪金メダルの羽生結弦が世界歴代最高の112・72点をマーク。

世界選手権2度優勝のハビエル・フェルナンデスは101・20点でした。

スポンサーリンク


羽生結弦がSP世界歴代最高を塗り替えた

「バラード第1番」の旋律に乗って、羽生の平昌五輪イヤーが幕を開けました。

ショパンのピアノ曲は14-15シーズンから2季連続でSPで使用し、15年のグランプリ(GP)ファイナルでは世界歴代最高(当時)の110・95点をマークした縁起がいいプログラムです。

冒頭の4回転サルコー、続くトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は難なく成功。

4回転-3回転の2連続トーループを完璧に決め、演技を終えた時、納得いくできだったのでしょう。

何度もうなずいていました。

その時、スタンドを埋めた無数の日の丸が揺れました。

羽生結弦は右膝を痛め4回転を減らした

フリープログラムは2季ぶりの「SEIMEI」で臨みました。

映画「陰陽師(おんみょうじ)」で使用された楽曲で、15-16シーズンの再演となります。

2季前は4回転を3回跳ぶ構成でしたが、今季は4回転5本の高難度のプログラムとする予定。

今大会は約10日前に疲労で右膝を少し痛めた影響もあり、大事を取って4回転は三つに減らしました。

15年のGPファイナルで219・48点をマークし、当時の世界歴代最高得点を出した相性のいい楽曲で、五輪連覇へ勝負をかけます。


出典:https://twitter.com/koro_mei

羽生結弦66年ぶりの五輪連覇へ

五輪でSP、フリーともに過去のプログラムを実施するのは異例だとのこと。

66年ぶりの五輪連覇へ、羽生が活躍する新シーズンが始まりましました。

いきなりの好スタートではじまり、今期も期待できます。

スポンサーリンク


羽生結弦の世界歴代最高点への声

羽生結弦、いきなり出たSP世界新! 今季初戦で衝撃の112.72点 本人もビックリ(THE ANSWER) 美しい!!!

【速報】羽生結弦が世界最高112.72マーク 自身の記録更新

いきなり世界最高得点更112.72! すげー、やると思ってたけどホントに更新した 全て美しかったけど特に後半の4T3Tタノ絶品 右膝の違和感とは何だったのか状態

オータムクラシック2017。男子SP羽生結弦が初戦からノーミスで決めた!世界新記録112.72点を叩き出す

てか112.72 1と2と7でできてる すっばらしいね! by.カホコ 運命しか感じないよね、うん

なんと!羽生くん112.72!!まるでCGみたいにブレのない美しいジャンプ….凄すぎる(;゚д゚)

112.72…初戦から本気出してきてる…4T3Tタケノコ美しかったですありがとうございます。

112.72 WR更新にも関わらず 伸びしろあるこの得点に 夢が広がるとか…。 羽生さん、何度 異次元を現実にしてくれるの…。

イーグル4Sイーグル美、カウンター3A美、4T美+3T両タノ美 曲が完全に身体に沁み渡っている 一つ一つの所作へ細かくつけられた滲み出るような緩急が壮絶に美しい 見覚えがあるはずなのに改めて驚く凄いプロ 現構成での完璧 112.72 WR更新 暫定1位

膝が痛い、とは何だったのか…((((;゜Д゜))) 羽生結弦、いきなり出たSP世界新! 今季初戦、完璧演技で112.72点

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

ブックマークよろしくお願いします。