世にも奇妙な自販機のレシートの日時は深夜の特別編の放送日か?

世にも奇妙な自販機が話題になっていますが、最後に出てくるレシートに書かれている日時がきになりますね。

ツイッターで拡散されている画像を見ると、10月9日から5夜連続で10分ずつの時間が書かれています。

でもレシートには何の説明もありません。

最近の情報によれば、「世にも奇妙な物語‘17秋の特別編」に関係していることが分かりました。

スポンサーリンク


世にも奇妙な物語‘17秋 深夜の特別編

10月14日に放送される「世にも奇妙な物語‘17秋の特別編」に先立って、「深夜の特別編」が放送されます。

この5日連続で深夜に放送される「深夜の特別編」の日時と、世にも奇妙な自販機のレシートの日時が一致したのです。

10月9日から5夜連続で10分ずつ特別編のドラマが放送されることがレシートに書かれていたと考えて間違いないでしょう。

その特別編のドラマに志尊淳が忖度調査の宇宙人役で出演します。

志尊淳はシリーズに初出演&主演します。

深夜の特別編「SON-TAKU」

今年の流行語大賞とも言われているフレーズ「忖度(そんたく)」がテーマの物語です。

志尊は飲料メーカーの若手社員・富田圭介を演じます。

富田は、山崎紘菜(23)演じる先輩の女子社員・山口未希とともに、創業25周年を記念した新商品の企画プレゼンに参加していますが、その正体は、地球人独自の驚くべきコミュニケーション手段・忖度の調査のために地球に潜入した宇宙人トミー・R2Xでした。

トミー・R2Xは、重鎮を前にさまざまな形の忖度が行われ、徐々に窮地に追い込まれていく未希に「特別な感情はない」としつつも、特殊宇宙人能力を使って、ついこっそり救ってしまいます。

その中、奮闘する未希に芽生えたある感情にふと気付いたトミー・R2Xは、未希の最大の窮地に際して、自分なりのの忖度の結果にたどり着きます。


出典:https://mdpr.jp/news/detail/1718570

忖度について志尊淳のコメント

志尊は忖度について以下のようなコメントをしています。

「僕もこの作品の撮影に入るまでに忖度という言葉を聞いたことはありましたが、具体的にはどういうことなのだろうと思っていました。

抽象的に知っている言葉の1つだったのですが、それが具体的に分かり、決して遠い世界の言葉じゃないと分かりました。

政治や大人の世界だけでなく、子供の世界にもある身近な言葉だなと思いました。

社会に出るということは忖度をすることだと僕は思います。

忖度を悪いことだとは、僕はまったく思わないんです。

人間関係を築く上で大事なことだし、そういうものが重なって社会が成り立っている感じがします。

目上の人に対しての気遣い、親切心の忖度、おもんばかるというか思いやりの忖度があり、それは大切なことなんじゃないかなって思います。」

スポンサーリンク


志尊淳の宇宙人役への挑戦

志尊にとって、宇宙人役への挑戦は初めてのことです。

「志尊淳が初めての宇宙人役を、自分にしか出来ない宇宙人を、すごく考えながら演じているところを見てほしいです。

ちょっとリアリティーのある宇宙人姿で皆さんの会社にも潜んでいるかも、こういう人いるかもって思われるよう目指してみたので、楽しみにしていただけたらなと思います」と意気込みがハンパないですね。

深夜の特別編の放送日時

「世にも奇妙な物語 深夜の特別編」の放送時間は以下の通りです。

10月 9日 深夜0時25分から
10月10日 深夜0時25分から
10月11日 は同0時35分から
10月12日 は同0時40分から
10月13日 は同1時25分から

どんなドラマになるのか今から楽しみで待ち遠しいですね。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

ブックマークよろしくお願いします。