ノーベル文学賞 カズオ・イシグロ氏の小説とは?TBSでドラマ化された

2017年のノーベル文学賞を長崎県出身の日系英国人作家のカズオ・イシグロ氏(62)に授与すると5日、スウェーデン・アカデミーが発表しました。

授賞理由は「彼の小説は、偉大な感情の力をもって、我々の世界とのつながりの感覚が、不確かなものでしかないという、底知れない奈落を明らかにした」ことです。
カズオ・イシグロ氏の小説とは、どんな小説なのか、まとめてみました。

スポンサーリンク


カズオ・イシグロ氏とは?

1954年、日本人を両親として長崎に生まれました。

5歳の時、海洋学者の父が英国政府に招かれたため家族で渡英したといいます。

ケント大卒業後、ミュージシャンを目指した時期もあったそうです。

イギリスで1960年代に青春時代を過ごしたとなれば、ビートルズの影響が大きかったのではないかと想像されます。

その後、イースト・アングリア大大学院の創作学科に進み、批評家で作家のマルカム・ブラッドベリの指導を受けて小説を書き始めたそうです。

82年、被爆後の荒廃した長崎で結婚した女性を主人公にした「遠い山なみの光」で長編デビューし、この作品で王立文学協会賞を受賞。

この年に、英国籍を取得したそうですね。

86年には、長崎を連想させる架空の町を舞台にした第2作「浮世の画家」でウィットブレッド賞を受賞し、若くして才能を開花させました。

デビュー間もない作家の小説が2作連続して賞を取るなんて考えられませんね。

カズオ・イシグロ氏の小説には日本を題材とする作品には、幼いころ過ごした長崎の情景や小津安二郎、成瀬巳喜男らが50年代に撮った日本映画から作り上げた独特の日本像が反映されているそうです。

カズオ・イシグロ氏の小説は?

カズオ・イシグロ氏にはたくさんの小説があります。

89年には、老執事が語り手となった「日の名残り」が英語圏最高の文学賞とされるブッカー賞を受賞しています。

35歳の若さで英国を代表する作家となったのです。

その後、音楽家が体験した悪夢のような日々を実験的に書いた「充たされざる者」、20~30年代のロンドンと上海を舞台にした「わたしたちが孤児だったころ」を発表しました。

2005年刊行の「わたしを離さないで」は、臓器提供者となるべく育てられたクローンたちの不条理な生をつづり、映画・舞台化されました。

カズオ・イシグロ氏の作品の特徴

イシグロ作品の特徴は、登場人物が抱える「違和感」「むなしさ」といった感情を、現時点から過去を回想する形で描き出すことが多いこと。

あやふやな記憶や思い込みを基に会話が重ねられ、読み進めるうちに人間の弱さや、互いの認知のずれが巧みに浮かび上がらせます。

最新長編作の「忘れられた巨人」(15年)は、アーサー王の死後の世界で、息子に会うために出発した老夫婦の旅をファンタジーの要素を盛り込んで描きました。

スポンサーリンク


カズオ・イシグロ氏のその他の作品

カズオ・イシグロ氏の作品は他にもたくさんあります。

「日の名残り」では英国に帰化したイシグロ氏がイギリス人性という、自らの根っこを確認しています。

「わたしを離さないで」は臓器提供のために生まれたクローン人間を描いたで、TBSでドラマ化されました。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

ブックマークよろしくお願いします。