台風21号の進路予想2017 大阪への影響や上陸は?

台風21号が日本に急接近しています。

伊勢湾台風並の勢力を保って北上していますが、大阪への影響やいつ頃上陸するのか気になりますね?

今週末に日本列島に接近する台風21号は現在、超大型で強い勢力の台風となっています!

気象庁や米軍の進路予想をもとに台風21号の大阪への影響はいつ頃になるのかお伝えしたいと思います!

スポンサーリンク


台風21号の大阪への影響は?上陸はいつ?

まずはJTWC発表の米軍の進路予想図を参考にして、台風21号の大阪への影響や上陸について見てみましょう!

こちらは10月20日発表の米軍の進路予想図です↓

※10月21日の情報は現在、繋がらなくなっていますので10月20日の情報を載せています。

米軍の進路予想によると台風21号が最も大阪に近づくのは10月22日(日)15時~10月23日(月)15時の間になります。

米軍の進路予想によれば、台風21号が大阪に上陸する可能性は低いようです。

では、どこに上陸するかというと、愛知県付近に上陸するものと予想されています。

また、台風21号の大阪への影響は10月22日(日)頃になるのではないかと考えられます。

大阪は上陸場所ではありませんが、暴風に注意が必要です。

10月22日(日)は衆院選の投票日になるので、大阪にお住まいの方は、もしお出かけの際には十分に気を付けましょう!

気象庁の進路予想!台風21号の大阪への影響や上陸は?

次に、気象庁が発表している進路予想図をもとに台風21号の大阪への影響や上陸について見てみましょう!

10月21日17時発表の気象庁の進路予想図↓

気象庁の進路予想によると台風21号がもっとも大阪に近づくのは10月22日(日)21時頃となっています。

気象庁の進路予想を見ると、台風21号が大阪に上陸する可能性は低いようです。

また、10月22日の午前中には大阪へ影響が出始めると予想されるため、外出の際には十分注意しましょう。

台風第21号 (ラン)の概況!

ランという名前が付けられた超大型で強い台風21号は、現在、日本の南の海上を15km/hのスピードで北に進んでいます。

台風21号の中心気圧は925hPa、中心付近の最大風速は40m/s、最大瞬間風速は50m/sとなり、非常に強い台風に発達しています。

21日は衆議院議員のため、気象庁では異例の「事前投票を」を呼びかけるほどです。

台風21号の接近に警戒し、土砂災害や河川の氾濫などが考えられる危険な地域にお住まいの方は、あらかじめ安全な場所に避難されるなどの対策もお考え下さい。

スポンサーリンク


ウェザーニュースの進路予想!台風21号の大阪への影響や上陸は?

さらにウェザーニュースの台風21号の進路予想図を見てみましょう!

ウェザーニュースの進路予想でも、台風21号が大阪に上陸する可能性は低くく、東海地方からの上陸の可能性が高いように思われます。

また、大阪への影響については、10月22日の午前中には台風21号の影響で強風や大雨が予想されます。

衆院選の投票など、外出をお考えの方は十分に気を付けるか、10月22日中の外出はできるだけ避けられることをおすすめします。

台風21号の大阪への影響や上陸のまとめ

台風21号の大阪への影響や上陸の可能性について見てきました!

米軍の進路予想や気象庁・ウェザーニュースの進路予想図も見ても、台風21号の大阪への上陸の可能性は低いです。

しかし10月22日の午前中には台風21号の影響が強まる事が予想されます。

台風21号は超大型で強い台風に発達し、今後は速度を速めながら週末から月曜にかけて日本列島付近を縦断するのはほぼ間違いないでしょう。

台風21号の最新の進路予想などは、こまめにチェックして、身の安全を確保しましょう!

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

ブックマークよろしくお願いします。