台風21号の進路予想2017!東京への上陸や影響は?

台風21号は超大型で勢力も強く影響が心配されているのですが、その台風21号が東京へ上陸する恐れが出てきました!

台風21号が関東に接近した場合、どんな影響がいつごろから出始めるのでしょうか?

気象庁の予報や米軍の進路予想を元にしていお伝えします!

スポンサーリンク


台風21号の米軍進路予想2017!東京への影響は?

合同台風警報センター(JTWC)が発表する台風21号の米軍進路予想図を元にして、東京への上陸や影響について見ていきましょう!

こちらが10月19日発表のJTWCの米軍進路予想図になります↓

ご覧いただいた米軍進路予想図では10月22日15時の台風21号の予想位置は東海地方の南の海上に位置し、

その後、10月23日未明に東京もしくは千葉に上陸し10月23日15時には北海道の北海道の東の海上に達する予想となっています!

米軍の進路予想通りに台風21号が進路を進めれば、10月23日未明頃には東京など関東地方に台風21号の影響が出るでしょう!

10月23日は月曜日の通勤ラッシュの時間帯となるので、交通機関の大混乱が予想されます。

台風21号の気象庁進路予想による東京への上陸や影響はいつ?

次に気象庁が発表している台風21号の進路予想図をもとに東京への上陸や影響についてお伝えします!

こちらが10月22日00時発表の気象庁の進路予想図です↓

気象庁の進路予想によると台風21号の予報円は10月23日15時に四国、中国地方をはじめ関東地方も含まれています。

翌、10月24日15時には北海道の東の海上に達する見込みで、米軍の進路予想とおおむね同じ予想となっています。

ですが、気象庁の予報円の中心付近をみると、東京ではなく愛知付近に上陸する可能性が考えられます。

もし台風21号が気象庁の予報円の中心を進んだ場合、愛知付近に上陸した後、東京にむかって進路を進める恐れがあります。

東京に影響が出始めるのは10月23日ごろ。

東京に上陸する場合は10月23日の未明ごろになるのではないかと思われます!

台風21号の概況・気象庁発表!

気象庁が発表している10月19日18時45分現在の台風21号の概況を紹介します!

大型で強い台風21号は、フィリピンの東の海上付近を
15km/hのスピードで北北西に進路を進めています。

台風21号の中心気圧は、956hPa
中心付近の最大風速は、35m/s
最大瞬間風速は、50m/s

となっており、台風21号の発生時より徐々に勢力を強めて沖縄県に近づいています。

10月22日15時には沖縄県の東の海上に達する予想です。

その頃にはさらに発達し、非常に強いとなる見込みです!

10月22日の台風21号の中心気圧は935hPa

中心付近の最大風速は、45m/s、最大瞬間風速は、65m/sとなっているため

沖縄県を始め、鹿児島への影響もでていると思われますので、台風21号の接近に備えた事前の準備をしておきましょう。

スポンサーリンク


台風21号のウェザーニュース進路予想

さらに一番当たると自負するウェザーニュースの進路予想をもとに、東京への上陸や影響についてお伝えします!

こちらが10月22日発表のウェザーニュースの進路予想図です↓

ウェザーニュースの進路予想では台風21号が東京に最も近づくのは10月23日の午前中となっています。

台風21号が予想進路を示す線の通りに進路を進めれば10月23日の午前中には東京を直撃する可能性があります。

この日は月曜日と言うこともあって通勤時間に首都圏の交通機関に大きな影響を及ぼす恐れもあります。

各機関が発表している台風21号の今後の予想進路は、こまめにチェックしておくことをおすすめします!

台風21号の東京への上陸や影響のまとめ

台風21号の東京への上陸や影響について、気象庁や米軍の進路予想をお伝えしてきました!

気象庁や米軍の進路予想ともに台風21号の影響が東京に出るのは10月22日~10月23日ごろという予想のようです。

また、10月23日の未明には台風21号が東京に上陸する恐れもあるため、関東にお住まいの方は十分な警戒が必要です!

10月23日は月曜日ということもあって、通勤ラッシュ時の交通機関に大きな影響が出る恐れもあります。

今後の台風21号の最新の進路予想をこまめにチェックしましょう!

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

ブックマークよろしくお願いします。