清宮幸太郎 ドラフトで日ハムが交渉権を獲得 10.26

プロ野球ドラフト会議が10月26日、グランドプリンスホテル新高輪で行われました。

ドラフト1位指名で2013年以来4年ぶり最多タイとなる6度の抽選を実施。

注目は何と言っても早稲田実業の清宮幸太郎内野手です。

最終的に当たりを引いた日ハムが清宮との交渉権を獲得しました。

スポンサーリンク


清宮の交渉権は日ハムが獲得

第1回の入札では、7球団の早実・清宮幸太郎内野手、2球団の広陵・中村奨成捕手、同じく2球団のJR東日本・田嶋大樹投手の3選手への指名が競合しました。

単独指名はDeNAの立命大・東克樹投手だけでした。

結局、清宮は日本ハム、中村は広島、田嶋はオリックスが当たりくじを引き交渉権を獲得しました。

日本中が注目するドラフト会議は、一番人気の清宮幸太郎内野手の交渉権を日ハムがゲットして大いに盛り上がりました。

外れ1位とはいえ有力選手ぞくぞく

外れ1位でも九州学院・村上宗隆捕手、履正社・安田尚憲内野手にそれぞれ3球団が競合しました。

村上がヤクルト、安田はロッテが交渉権を獲得。

中日は外れ1位でヤマハ・鈴木博志投手、西武が明大・斎藤大将投手を単独指名しました。

外れ外れ1位も仙台大・馬場皐輔投手は阪神とソフトバンクが競合し、阪神が交渉権を獲得。

外れ外れ1位では巨人が中大・鍬原拓也投手、楽天が岡山商大・近藤弘樹投手を単独指名しました。

そして外れ外れ外れ1位は鶴岡東・吉住晴斗投手を指名していました。


出典:https://news.goo.ne.jp/article/dot/sports/dot-2017101700019.html

13年は日ハムは外れまくり

13年は第1回の入札で桐光学園・松井裕樹投手(楽天)に5球団、九州共立大・大瀬良大地投手(広島)に3球団、東京ガス・石川歩投手(ロッテ)に2球団が競合していました。

単独指名はオリックスと西武の2球団だけでした。

外れ1位の入札も日本生命・柿田祐太投手(DeNA)に3球団、国学院大・杉浦稔大投手(ヤクルト~日本ハム)に2球団が競合しました。

外れ外れ1位にも横浜商大・岩貞祐太投手(阪神)に2球団が入札していました。

外れ外れ外れ1位となったのは今回、清宮を引き当てた日本ハムでした。

当時、くじ引きを担当した栗山英樹監督は今年から木田優夫GM補佐に代わっています。

また今回、外れ外れ外れ1位指名した工藤公康監督は昨年、5球団競合の創価大・田中正義投手のくじを当てています。

スポンサーリンク


来シーズンに期待高まる

清宮がどの球団に入るのかというのも気になる点ですね。

でもこれで交渉権が決まったわけですから、個別に交渉に入るのでしょう。

余程の事が無ければ基本は指名してくれた球団に入るのでしょうね。

ルーキーが来春早々からやるかどうか分かりませんが、来シーズンに期待しましょう!

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

ブックマークよろしくお願いします。