ひふみん 手術で1週間入院 胆石性急性胆のう炎

元プロ棋士のひふみんこと加藤一二三氏が胆石性急性胆のう炎と診断されたそうですね。

11月2日に手術を受けたということです。

プロ棋士を引退してからも、ひふみん人気は衰えないどころか人気上昇で忙しい中での手術です。

さすがのひふみんも高齢(77歳)と多忙で体に負担がかかったのでしょうか?

スポンサーリンク


手術後は1週間ほど入院

ひふみんは1日から痛みを訴え、2日に東京都内の病院で診察を受けたそうです。

下された診断は、胆石性急性胆のう炎という病気だということのようです。

医師からはすぐに手術を受けるように提案され、2日に手術が施され、無事に終えたそうです。

1週間ほど入院するそうですから、この際ゆっくり休んだほうがよいですね。。

ひふみんからのメッセージ

ひふみんは事務所を通じてメッセージを送りました。

「お医者さまの診断のもと、大事をとって一週間ほど術後の休養を取らせていただきます。また元気に皆様にお目にかかれる日を心待ちにして、療養に励んで参ります」

ということなので、一週間ほどお休みになりますね。

ひふみんのファンにとっては寂しいでしょうが、今後も長く活躍するために必要な休養なので暖かく見守りたいですね。

すぐに元気になって戻ってきてくれるでしょう。

胆石性急性胆のう炎とは?

急性胆のう炎というのは、食事をして3、4時間後に吐き気や腹部の痛み、悪寒、高熱などの症状が表れる病気です。

急性胆のう炎の多くは胆のうから胆汁を導く胆のう管が胆石でふさがれて起こります。

痛かったでしょうね?

でもまぁ手術も無事に終わったそうなので、とり敢えず一安心ですね。

スポンサーリンク


最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

ブックマークよろしくお願いします。