JASRACが映画音楽の上映使用料の実質値上げを要求

日本音楽著作権協会(JASRAC)は11月8日、外国映画で使われている音楽の上映時の著作権使用料を変更する方針を打ち出しました。

現在の「1作品当たり18万円」の定額から、「興行収入に応じた額」に変更するよう、業界団体に求めているそうです。

最終的には「興業収入の1~2%」の徴収を目指すとのこと。

現在は数百億円の興行収入を稼ぐヒット作品でも、上映使用料が18万円と低額に固定されています。

これでは、「適正な対価が還元されていない」との判断。

JASRACによれば、「欧州各国に比べると、映画音楽の上映使用料徴収額が極端に少ない。内外格差を縮めたい」という意図のようです。

スポンサーリンク


業界団体が反発している

現在、海外映画の音楽の上映使用料は、1作品当たり18万円を、配給業者がJASRACに支払っています。

一方、日本映画は、1曲当たり「映画の録音使用料の5%×同時上映最大スクリーン数」という計算。

これも配給業者がJASRACに支払っているのです。

2014年で見た時、JASRACが徴収した上映使用料の額は約1億6657万円で、映画の総興行収入(約2000億円/邦画・洋画合計)の約0.08%。

英国の1%やフランスの2%などと比べると極めて低く、「適正な対価が還元されていない」と判断したそうです。

「10年以上前から、欧州や米国の著作権管理団体から、徴収額を上げるよう強く言われているとのこと。

海外の権利者からも、値上げを求める声が寄せられているそうです。

JASRACは6年前から、値上げについて協議してきたといいます。

JASRACとしても「実情を見ながら段階的に着地点を目指したい」としており、急激な値上げは避け、段階的な対応を検討しています。

またJASRACは、上映使用料の支払い者を、配給業者から劇場に変えていきたいという。

「映画の上映主体は、配給事業者ではなく劇場。興行収入も劇場が把握している」というのがJASRACの見解です。

日本にとっては損か得か?

外国作品の音楽の権利者は、海外作家が多いんだそうです。

値上げが実現すれば、ハリウッドの映画などに支払う上映使用料が大きく増えることになり、海外作品に提供している作家の取り分が増えます。

一方で、日本の映画業界や映画ファンの支出が増えることになり、日本にとってはなんか“損”な気がしますね。

逆に外国映画でも、日本の作曲家が作品提供する例があって、日本の作家からも問題だと指摘を受けているようです。

日本映画の場合は、最大上映スクリーン数に応じた額を徴収しています。

ただ現状の徴収形態だと、ロングラン上映やリバイバル上映が行われた場合に追加の使用料が徴収できない点を問題となっています。


出典:http://jin115.com/archives/52165053.html

今回のJASRACの方針は適切か?

JASRACが、外国映画で使われている音楽の上映使用料を、現在の「1作品当たり18万円」から、「興行収入の1~2%」に変更するよう、業界団体と協議しています。

興行収入によるパーセンテージ制自体は合理的だと専門家は言います。

舞台やコンサート、放送、Webなど他の分野でも、収入比例の使用料が原則になっているからです。

映画も同様にしたいということでしょう。

ただ、目標値にしている「興行収入の1~2%」が適正かは検討が必要です。

例えばコンサートの場合は「想定興行収入の5%」が原則。

ただ、それに合わせてしまうと「赤字興行でも下げてくれる訳ではない」など、現場では反発の強い数字でもあります。

映画の場合、脚本家や映像制作者など、権利者はコンサートよりも多くなります。

放送の場合は、放送事業収入の1.5%で定着しているようです。

映画も同じ映像ビジネスだから、大体同率なら良いのか議論が必要になりそうですね。

また、長年続いたルールからの大幅な変更になるので、現場が混乱しない方法を考える必要があるでしょうね。

スポンサーリンク


最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

ブックマークよろしくお願いします。