日馬富士の暴行事件 白鵬が事実と報道が違うと発言

日馬富士の貴ノ岩に対する暴行問題について白鵬が発言したことが話題となっています。

朝稽古を終えたところで白鵬は、日馬富士の暴行問題について触れました。

まずは大きな騒ぎになってしまったことを誤りました。

その後、日馬富士の貴ノ岩に対する暴行問題について、お酒の席に同席していた白鵬は一連の報道について事実と違う部分があったと発言しました。

こうしたことについて相撲協会は困惑していると言います。

今回は日馬富士の暴行問題について最新の情報をまとめてみました。

スポンサーリンク


日馬富士の暴行事件とは?

日馬富士が平幕の貴ノ岩に暴行して頭部にケガを負わせた事件がありました。

10月末の鳥取巡業中にモンゴル人力士らが集まる恒例の酒席が行われた際、日馬富士は貴ノ岩の言動に腹を立ててビール瓶を振り下ろしたあと素手で20発以上も殴打したとされたと報道されています。

日本相撲協会側に提出された貴ノ岩の診断書には「脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い」があると書かれています。

そして「全治は2週間程度と考えられる」といった記述でした。

11月5日から9日まで福岡市内の病院に入院した貴ノ岩は九州場所を初日から休場しています。

被疑者である日馬富士も初日から2連敗を喫し、暴行問題が発覚した当日の3日目から負傷を理由に休場届を提出しています。

酔った席とはいえ、日馬富士が起こした事件は大きな問題となっています。

「横綱」という立場にいる男が「暴行事件」という重大犯罪を引き起こしたのですから、場合によっては引退や廃業も考えられます。

>日馬富士の暴行事件について白鵬の発言

日馬富士の暴行問題について酒席に同席していた白鵬が朝稽古のあとで発言しています。

まずはファンや暴行を受けた貴ノ岩や在籍する貴乃花部屋関係者へ謝罪しました。

白鵬は事件の内容について、一部の報道については事実ではないと述べました。

日馬富士が殴ったのはビール瓶ではなく、馬乗りで殴った事実もないと明かし、「報道されたことと実際のことにズレがある」と言っていました。。

頭がいこつ骨折し、髄液漏れの疑いがあるとしているのに、ビール瓶ではなく、馬乗りで殴ってもいないとしています。

同じモンゴル出身の力士として、弁護しているのかもしれません。

日本相撲協会側は、白鵬のこの発言には困惑しているようです。

日本相撲協会の方針は?

日本相撲協会は貴ノ岩から被害届けを受理した鳥取県警の捜査について協力を最優先させる方針です。

協会の広報部長は「警察が入っている限り、お任せしている。警察が乗り出したからには、私たちが警察より先(に話を聴く)というのは常識的にどうかな」と話しています。

警察の捜査中なので、現時点で協会から白鵬に事情を聴くことをはしないとしています。

日馬富士の暴行事件が報道の内容の通りだとすれば、日馬富士の立場は相当厳しいと言えます。

歴史のある「横綱」の品格の問題ですので重大な問題ですね。

スポンサーリンク


日馬富士の酒癖について

日馬富士は以前から酒が入ると手が付けられないということでウワサになっていました。

しかし酒癖の悪さについては特に指導することも無かったようです。

本人の自覚を期待したのでしょうが裏目に出てしまったような感じです。

力士同士の八百長問題がようやく鎮静し、やっと人気も回復してきた矢先の事件でもあります。

今後も捜査が進む中で、日馬富士への事情聴取もあるでしょう。

折角の相撲人気に水を差してしまった日馬富士の今後の動向にも注目が集まります。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

ブックマークよろしくお願いします。