鶴ひろみ 大動脈剥離で逝く どんな病気か?

鶴ひろみさんが運転中に大動脈剥離によってお亡くなりになりました。

鶴さんは「アンパンマン」のドキンちゃんの声で知られる声優です。

各方面で驚きの声が上がっています。

大動脈剥離とはどういう病気なのか、まとめてみました。

スポンサーリンク


鶴ひろみさんのプロフィール

名前:鶴ひろみ(つる ひろみ)
本名:靏 ひろみ
出生地:北海道(神奈川県育ち)
死没地:東京都
生年月日:1960年3月29日
没年月日:2017年11月16日(57歳没)
血液型:O型
身長:160 cm
職業:声優、女優、ナレーター
事務所:青二プロダクション(最終)
配偶者:なし(結婚歴あり)

鶴ひろみさんは小学2年生時に自ら希望して、姉と共に劇団ひまわりへ入団し、その後は子役の女優としてドラマや映画に出演していました。

高校3年生だった1978年、世界名作劇場『ペリーヌ物語』のオーディションに合格。

主人公・ペリーヌ役で声優デビューを果たしています。

その後は声優として活躍しており、ブルマ(ドラゴンボール)、ドキンちゃん(それいけ!アンパンマン)、鮎川まどか(きまぐれオレンジロード)、美神令子(GS美神 極楽大作戦!!)、新井聖美(卒業 〜Graduation〜)など、主に気の強い女性キャラクターといった役どころで人気でした。

1986年1月に声優の難波圭一さんと結婚していますが、その後離婚。

1990年代以降、バラエティ番組や報道番組などにおけるナレーション業が増え、最近はこちらを主体とした活動を行っていました。

そして、2017年11月16日19時30分頃、東京都中央区の首都高速都心環状線でハザードランプをつけ、停車していた車の中で座ったまま意識不明の状態で見つかり、病院に搬送されましたが死亡が確認されました。

その後、鶴ひろみさんの死因は「大動脈剥離」と事務所が発表しました。

大動脈剥離という医学用語はなく「大動脈解離」のことを指すとのことです。

鶴ひろみさん死因である大動脈剥離(大動脈解離)とは?

鶴ひろみさん死因の大動脈剥離(大動脈解離)の症状・原因・治療法につい少しまとめてみました。

大動脈剥離(大動脈解離)の症状としては「突然の激しい胸や背中の痛み」、原因は不明のようですが高血圧や動脈硬化が関わっていることが明らかになっているようです。

大動脈剥離(大動脈解離)とは?

大動脈解離は、適切な治療を受けないと突然死する危険性が高く、専門的な病院で集中的な治療を受ける必要があります。

心臓血管専門医の診療が必要です。大動脈解離は日本人に多い疾患で、循環器疾患による突然死では、心筋梗塞に次いで2番目に多い死因とされています。

大動脈剥離(大動脈解離)の原因

大動脈剥離(大動脈解離)の正確な原因は不明とされています。

ただ、高血圧や動脈硬化が深く関わっているとされています。

動脈硬化を起こしたり、進めたりする原因を“危険因子”と呼びます。脂質異常症(高脂血症)、高血圧、糖尿病、喫煙、高尿酸血症(こうにょうさんけっしょう)、肥満、運動不足、ストレス、遺伝素因などがあげられます。

また、これらの危険因子は相互に関係しており、因子が増えれば雪ダルマ式に動脈硬化の危険性が高まります。治療にも予防にも、これらの危険因子を減らすことが大変重要です。

鶴ひろみさんはヘビースモーカーとの情報があります。

タバコ・喫煙が大動脈剥離につながった可能性も多々ありそうですね。

スポンサーリンク


大動脈剥離(大動脈解離)の治療法

大動脈瘤・解離の内科治療には薬物療法、カテーテル治療があるようです。

ずは痛みを和らげ、収縮期血圧を100~120mmHg以下に保つことを目標に、十分な薬物療法が行なわれます。大動脈解離の治療では、できるだけ早く治療方針を決めることが重要です。裂け目が心臓に近い箇所(上行大動脈)にまでおよんでいる場合には手術が必要となります。手術では、裂け目がある部分の血管が人工血管に置き換えられますが、病状によって人工血管に交換する範囲は異なります。

手術中は、手術の補助のため、超低体温循環法あるいは脳分離循環法という専門的な人工心肺操作が行われます。

まとめ

鶴ひろみさん死去のニュースや死因の大動脈剥離についてまとめました。

大動脈系の病気は芸能人も多くが患っていて突然死の危険もあります。

高血圧や動脈硬化の傾向がある方は生活習慣に注意を払った方が良さそうですね。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

ブックマークよろしくお願いします。