藤井四段50勝 中学生棋士最速10カ月29日

中学生棋士の藤井聡太四段(15)が21日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われた王座戦1次予選で平藤真吾七段(54)を破り、昨年12月24日のデビュー戦以来、10カ月29日で通算50勝を達成しました。

今は昔と違って棋戦の数が増えているとはいえ、過去の中学生棋士4人と、現タイトルホルダー6人の双方で最速記録を持つ羽生善治棋聖(47)の1年2カ月10日より3カ月あまりも速い驚異的ペースですね。

スポンサーリンク


藤井四段の29連勝のあとの成績

藤井四段はデビュー戦で加藤一二三九段(77)に勝利すると、いきなり29連勝して連勝の新記録を作りました。

今年2017年6月26日のことでした。

こんなこともあり割と地味なイメージのある将棋界に「藤井フィーバー」を巻き起こしました。

30連勝がかかった対局も話題となり、佐々木勇気六段(23)(当時は五段)に敗れました。

連勝はストップしたものの、その後も順位戦C級2組で6連勝(無敗)とトップに並ぶなど、快進撃を続けています。

藤井四段は、まだ棋士になってから1年未満ですから驚くべきことです。

そして、まだ中学生だということを忘れてはいけませんね。

藤井四段の記録がすごい!

21日現在の藤井四段の通算成績(未放映のテレビ対局を除く)は50勝6敗。

今年度に限っても40勝6敗(同)で、対局数、勝利数、勝率、連勝数(年度またぎで29連勝)の全4部門で現在トップです。

どこまで記録を伸ばすことができるのか、年度末が楽しみです。

まだまだ成長途中ですから、今後どうなっていくのか見当もつきません。

藤井四段はいつも「もっと強くなりたい」と言っているので、どこまで行くのか見守っていきます。

藤井四段が使った「せつもく」とは?

藤井四段は対局後、「一局一局積み上げたものが節目(せつもく)の数字となったのは感慨深い」と話しました。

この「節目(せつもく)」がトレンド入りする程でした。

節目(せつもく)の意味は、1 草木などのふしめ。2 物事のすじめ。また、 規則の箇条や細目。だそうです。

こういう言葉が出てくるということは、藤井四段はかなりの勉強家と見えます。

聞いたことない人がほとんどだったのではないでしょうか?

スポンサーリンク


最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

ブックマークよろしくお願いします。