海老一染之助さん死去 染之助・染太郎で人気者に

伝統演芸・太神楽の曲芸師・海老一染之助さん(本名・村井 正親)が12月6日午前11時31分、肺炎のため、東京都杉並区の病院で死去しました。

83歳でした。

京都出身で兄の染太郎さんとのコンビで人気でした。

「お染ブラザーズ」の愛称で「おめでとうございま~す」と言いながら和傘の上で毬を回す芸が有名で、正月の風物詩のようでした。

兄の染太郎さんは2002年に死去し、弟の染之助さんが今までピンで活動してきました。

スポンサーリンク


太神楽(だいかぐら)とは?

太神楽は伊勢神宮が発祥と言われる伝統芸能です。

染之助さんは兄とともに「染之助・染太郎」コンビとして活躍しました。

和傘の上に投げた鞠やマスを回す芸が有名で、「おめでとうございまーす」の掛け声で盛り上げ、お茶の間の人気者となりました。

染之助さんは1934年東京生まれ。

46年に初舞台を踏み、65年にはアメリカ・ABCテレビに出演までしています。

染太郎の華やかな経歴

1945年、二代目海老一海老蔵に入門。46年、新宿末広亭で海老一勝太郎・小福の名で初舞台。

49年、海老一染之助・染太郎に改名しました。

伝統的な古典芸を速いテンポと独特な話術で披露し、お茶の間の人気者になりました。

80年代に国民的美少女として売り出し中だったタレントの後藤久美子さんとのCM共演がきっかけでブレイク。

85年、第1回浅草芸能大賞奨励賞。

88年からはフジテレビ「笑っていいとも!」にレギュラー出演。

正月番組には欠かせない顔として親しまれていました。

89年には「おめでとうございます」でレコードデビューしています。

染之助・染太郎のギャグ

染之助・染太郎はお正月番組など、おめでたい場面で登場することが多かったです。

「おめでとうございまーーーす!」と言いながら登場。

お兄さんの染太郎さんがしゃべり専門で、弟の染之助さんが傘回しや土瓶の芸をします。

傘で一升枡などを回す時、「いつもより余計に回っております!」というのもあります。

目を見開いて歯の出たお兄さんが「目出た目出たで、歯もしげるーーー!」というギャグをかまします。

また、染太郎さんが芸をしないでしゃべってばかりなので、弟の染之助さんが手でお金のしぐさをしながら、「これで(ギャラが)おんなじーーー!」とやります。

技が決まる度に「おめでとうございまーーーす!」というのも一種のギャグでした。

スポンサーリンク


最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

ブックマークよろしくお願いします。