THE Wの優勝ゆりやんレトリィバァ 副音声は松本人志ら

史上初となる女芸人No.1を決める大会『女芸人No.1決定戦 THE W(ザ ダブリュー)』(日本テレビ系)が11日に生放送され、ゆりやんレトリィバァが初代王者に決定しました。

エントリー総数636組の頂点に立ち、優勝賞金の1000万円と副賞である同局のレギュラー番組に合計視聴率100%出られる権利「日テレ100%券」を獲得。

決勝進出した各芸人それぞれ面白かったのですが、副音声松本人志と高須光聖にも注目が集まりました。

お笑い芸人のコンテストで審査員として登場することの多い松本がどんなしゃべりをしたのか気になります。

今回はTHE Wの内容と、副音声についてまとめてみました。

スポンサーリンク


THE Wの決勝戦

THE Wの決勝は、はなしょー、ニッチェ、アジアン、紺野ぶるま、中村涼子、牧野ステテコ、まとばゆう、押しだしましょう子、どんぐりパワーズ、ゆりやんレトリィバァ(ネタ順)の10組が出場しました。

ファーストラウンドは1対1の戦いを5組で実施。

勝ち上がった5組(ニッチェ、アジアン、牧野ステテコ、まとばゆう、ゆりやんレトリィバァ)によるファイナルラウンドに挑みました。

初めての『笑いの女王』の座を獲得するため女芸人たちが激突しました。

THE Wの意味は?

「女芸人No.1決定戦 THE W」は、今回が初開催となる女性芸人のお笑いコンテストです。

大会名の「W」は「WOMAN(女性)」と「WARAI(笑い)」の頭文字からとりました。

参加条件は「女性」であれば、プロアマ、所属事務所の有無は問わず、芸歴、人数、年齢の制限なし。

大会は漫才、コント、ピンネタ、ものまね、パフォーマンスとジャンルを問わない「面白ければ何をやってもOK」です。

優勝賞金は1000万円!

副賞として、同局のレギュラー番組の中から合計視聴率100%分の番組を選んで出演できる権利「日テレ100%券」が贈られました。


出典:https://natalie.mu/owarai/news/259718

THE Wの審査員は?

審査員は、柴田理恵さん、新川優愛さん、生瀬勝久さん、ヒロミさん、吉田沙保里さん、若槻千夏さんのゲスト審査員6人と、番組ホームページで募集した一般審査員395人の計401人が務めました。

ゲスト審査員も一般審査員も同じ1人1票で投票。

生放送では、お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志、放送作家の高須光聖が副音声を担当して注目されました。

スポンサーリンク


番組の副音声に松本人志ら

番組の副音声には、松本と放送作家の高須光聖氏が出演しました。

2人が副音声を担当することは、発表後すぐに反響を呼びましたね!

ネットには「こうなると本編よりも副音声のほうに注目かも」「これは副音声目当てで見るしかない」といったコメントが多数寄せられました。

副音声に集中してしまい、女芸人のネタがよく分からなかったという声も聞きます。

松本と高須氏といえば、人気ラジオ番組『松本人志の放送室』(TOKYO FM)のMCを務めていたコンビです。

なのでネットでは、「実質、放送室やん! 絶対見なきゃ!!」「伝説のラジオ番組のMCコンビやないかい!」と、お笑いファンから大きな注目が集まりました。

『松本人志の放送室』のコンビ復活

松本と高須氏がパーソナリティを務めた『松本人志の放送室』は、2001年から2009年まで全391回放送されました。

ラジオ番組としては前代未聞の日本武道館での公開収録まで行ったほどの人気番組でした。

そのコンビが復活するわけですから、期待しないファンはいないでしょうね。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

ブックマークよろしくお願いします。