元横綱・朝青龍VS元大関・琴光喜は現役時代の戦績通りか?

大相撲の元横綱・朝青龍(ドルゴルスレン・ダグワドルジ)が31日にインターネットテレビ局「AbemaTV」の大みそか特別番組「朝青龍を押し出したら1000万円」(31日・午後8時)に出演します。

VIPチャレンジャーとして元大関・琴光喜が対戦しますが、現役時代の戦績は圧倒的に朝青龍の勝ちが多いです。

過去の戦績通りになるのか、それとも琴光喜が元大関の意地を見せるのか、結果が楽しみですね。

スポンサーリンク


朝青龍との相撲対決のルール

大相撲で歴代4位の25回の優勝を誇る第68代横綱・朝青龍が一夜限りで土俵に復活します。

「張り手なし」「変化なし」で「押し出し」だけを勝ちとする番組オリジナルルールで、公募した一般の挑戦者と対決します。

押し出して足を含む体の一部が土俵の外に出た時点で勝負が決まるシンプルなルール。

朝青龍は1人で8人と対決しますから、体力がどこまで続くかも見どころです。

しかし朝青龍は今回の企画のために相当な稽古を積んできたようなので体力に問題は無さそうにも見えます。

VIPチャレンジャーたち

挑戦者にはVIPチャレンジャーとしてボブ・サップ、2010年に発覚した大相撲野球賭博問題で日本相撲協会から解雇された元大関・琴光喜の田宮啓司、柔道のアテネ五輪銀メダリストの総合格闘家・泉浩が朝青龍と対決します。

中でも元大関・琴光喜は現役時代、朝青龍と何度も対戦しています。

ただし、対戦成績をみると、明らかに朝青龍の勝数が上回っています。

元大関・琴光喜の戦績と現在の職業

元大関・琴光喜は現役時代、朝青龍とは何度も対戦し、対戦成績は36勝9敗と朝青龍の圧勝となっています。

途中、朝青龍が琴光喜に28連勝するなど得意とした相手でした。

引退から7年ぶりの対戦で現役時代と同じく朝青龍が琴光喜を簡単に退けるのでしょうか?

それとも、番狂わせになるのでしょうか?

見逃せない大みそかの大一番です。

現在の琴光喜は焼肉店を経営しています。

相撲界は引退しましたが第2の人生もうまくいっているようです。

スポンサーリンク


琴光喜の息子が横綱を目指す

琴光喜は2008年の10月に結婚をしています。

その後、長男の愛喜くんが生まれ、現在、小学2年生。

琴光喜譲りの立派な体格で、127センチ41キロと、小学2年生ではかなり大きいです。

相撲では愛知県内の戦いで負け知らずの10冠。

将来は角界入りを希望しているようで夢が叶ったら琴光喜の果たせなかった横綱になってもらいたいですね。

愛喜くんはあの貴乃花からも絶賛されていて、『間違いなく強くなる、将来の横綱だね!』とお墨付きをもらっています。

琴光喜は息子に夢を託すことができますから良かったですね。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

ブックマークよろしくお願いします。