コインチェック「NEM」保有の顧客26万人に総額460億円を返金する原資は?

仮想通貨取引所コインチェック「coincheck」で顧客から預かっていた仮想通貨「NEM」が流出しました。

運営元のコインチェックは1月28日、対象となる顧客約26万人に日本円で返金すると発表

総額は約460億円ですが、その原資はどうするのでしょうか?

コインチェックの補償と原資について見ていきましょう。

スポンサーリンク


総額460億円を返金する原資は?

コインチェックが26日に、同社システムが不正アクセスを受け、顧客から預かっていた5億2000万NEM(約580億円相当)が流出したことを受け、返金補償するとのこと。

その原資は自己資金でまかなうと言います。

かなりの高額になりますが、経理上の問題はないのでしょうか?

資金繰りができなくなって、最近問題になっている「はれのひ」と同じ道を通ることだけは避けてもらいたいですね。

もっとも、仮想通貨バブルで果てしなく利益を生み出していたのなら全く問題ないのですが。

流出した約580億円の全額ではなく、約120億円程少ないことがちょっと気になります。

コインチェックの補償方針の詳細

コインチェックがWebサイトで発表した補償方針は以下の通りです。

1月26日に不正送金されたNEMの補償について

総額:5億2300万XEM
保有者数:約26万人
補償方法:NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法:NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY(NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使っ
て価格に算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間 :売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間) ~本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額 :88.549×保有数
補償時期等:補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお返金原資については自己資金より実施させていただきます。

コインチェックの流出の経緯と補償

コインチェックによれば26日、同社システムが不正アクセスを受け、顧客から預かっていた5億2000万NEM(約580億円相当)が流出しました。

その後、NEMの売買と出入金、さらに取り扱う仮想通貨全ての出金を停止。

26日夜、同社の大塚雄介取締役は「お客さまの保護を優先し、補償などは検討中」と説明していました。

28日、同社がWebサイトで発表した補償方針によれば、NEMを保有していた顧客全員に「日本円でコインチェックウォレットに返金する」とのこと。

補償額は、仮想通貨取引所「Zaif」(テックビューロ運営)のレートを参考にする方針です。

売買停止時(26日午後0時9分)から補償方針のリリース配信時(27日午後11時)までの加重平均価格(88.549円)を採用します。

この補償方針がきちんと運用されれば約8割が補償されることになります。

全額とまでは行かないまでも、かなりの補償が得られ、顧客は胸を撫で下ろしたことでしょう。

スポンサーリンク


コインチェックの今後の事業について

コインチェックは「今般の不正送金に伴い、一部サービスの停止などお客さま、取引先、関係者の皆さまにご迷惑をおかけしており、重ねてお詫び申し上げます」と謝罪しました。

今後は原因究明、セキュリティ体制強化などサービス再開に努め、「今後も事業を継続して参ります」としています。

事業が立ち行かなくなることは無いようですね。

信頼回復には時間がかかりそうですが。

ただ、世の中の仮想通貨の流れは、もはや逆戻りはできない雰囲気ですので、しっかりとした態勢で臨んでほしいですね。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

ブックマークよろしくお願いします。

関連記事
コインチェック捜査長期化 流出の原因は?
コインチェック流出アイドル給与に影響?
コインチェック仮想通貨580億流出謝罪