皆既月食 2018年1月31日 スーパー・ブルー・ブラッド・ムーンを観測

2018年1月31日の夜に、日本全国で皆既月食の始めから終わりまでを見ることのできます。

月は20時48分に欠け始め、21時51分には完全に欠けて皆既食となるようです。

1月31日の夜は晴れている地域が多いので、見るにはとても条件が良いですね。

皆既食が1時間17分続いた後、23時8分には輝きが戻り始め、真夜中を過ぎた0時12分に元の丸い形となります。

多くの方に観察しやすい時刻に起こる月食です。

しかも分類としては「スーパー・ブルー・ブラッド・ムーン」と言うようです。

スポンサーリンク


スーパー・ブルー・ブラッド・ムーン

ドキュメンタリー専門番組のディスカバリーチャンネルの説明では、1月31日の月食は、複数の稀な月観測状態が重なった珍しい月の姿が見られるとのことです。

名付けて「スーパー・ブルー・ブラッド・ムーン」。

スーパー・ムーン」というのは、天文学の正式な用語ではないのですが、「とても大きな満月」という意味で使われています。

NASAによると、1月31日の月は14%大きく、30%明るく見えるそうです。

ブルー・ムーン」は、1か月の中で2度の満月を迎えることです。

実はブルーと言っても月が青く見えるのではないようです。

ディスカバリーチャンネルによると、これはアメリカの天文雑誌に「その月の2番目の満月は青い」と書かれた間違いが拡散された呼び名です。

ブラッド・ムーン」は、皆既食中の月が赤銅色と呼ばれる赤黒い色になることからきています。

これらの条件を全て備えているため、「スーパー・ブルー・ブラッド・ムーン」と呼ばれるのです。

実際に見ましたが、肉眼でも分かる赤銅色でした。

皆既月食 2018年1月の時刻

皆既月食の詳しい時刻は以下のとおりです。

日本中どこで見ても時刻は変わりません。

部分食の始め  1月31日20時48.1分

皆既食の始め      21時51.4分

食の最大(食分注)   22時29.8分(1.321)

皆既食の終わり     23時08.3分

部分食の終わり  2月1日0時11.5分

サラリーマンも仕事から帰って来てからでも十分見れる時間帯ですね。

 「食分」とは欠け具合を表す数値です。食分0.5とは、月の見かけの直径の50パーセントが欠けることを意味します。
 食分が1.0以上になると、月が完全に欠けて皆既食となります。

前回の月食

前回日本で見ることのできた皆既月食は2015年4月4日に起こりました。

このときも、日本全国で部分食の始めから終わりまでを観察できる現象となっていました。

しかし、皆既食の継続時間はわずか12分間。

今回よりもかなり短いものでした。

スポンサーリンク


次回の月食

次回日本で見ることができる皆既月食は2018年7月28日に起こります。

約半年後になります。

おおよそ東北地方以西で皆既食を見ることができ、月は皆既食のまま沈むという珍しい現象です。

それ以外の地域では、月は皆既食になる前に沈みます。

次に日本全国で部分食の始めから終わりまでを見ることができる皆既月食は、2022年11月8日に起こります。

あと5年近く経ってからですね。

皆既月食の起こるしくみ

月食は、月が地球の影に入ることによって起こります。

月が地球の影に完全に入り込む月食のことを「皆既月食」と呼びます。

皆既月食の観察方法

月食は肉眼で十分観察できますが、双眼鏡や望遠鏡を使えばはっきりと観察できます。

月食はただ眺めているだけでも楽しい天文現象です。

しかし、観察した結果を残したり、月のスケッチを取ったり、あるいは写真を撮ったりすると、あとで月食の様子を振り返るためのよい記録となります。

またあまり知られていませんが、部分食が始まる前や終わった後には、月が半影と呼ばれる地球の薄い影の中に入った状態となります。

これを「半影食」と呼びます。

肉眼ではなかなかわかりづらい現象ですが、露出を抑えた写真を撮影するとはっきりわかります。

それから、月食そのものを観察するのではなく、皆既中の星空を観察するという楽しみ方もあります。

皆既食が始まる頃、それまで明るい月の光に隠されていた星がはっきりと姿を見せるようになる様子は、とても興味深い光景です。

数年に一度しか見ることができない天体ショーを楽しみましょう。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

ブックマークよろしくお願いします。