渡部暁斗が銀メダル 平昌五輪・ノルディックスキー複合

渡部暁斗が4年前のソチ五輪の再現かのように、2位でフィニッシュしました。

14日に行われた平昌五輪・ノルディックスキー複合でのこと。

勝ったのはソチ五輪金メダルのエリック・フレンツェル。


フェアな一騎打ちの展開となり、最後は渡部の銀メダルとなりました。

スポンサーリンク


渡部暁斗の前にライバルの姿が

後半の距離で残り1キロを切った長い上り坂でのこと。

4人の先頭集団にいた渡部暁斗は、「来るなと思っていたし、僕も行くつもりだった」と言います。

渡部のライバルが目の前にいました。エリック・フレンツェルです。


がに股で力強く上っていくドイツ人に食らいついていきました。

それでもどうしてもライバルに追いつきません。

さらに下りでも、ぐっと離されてしまいます。


両手を広げて叫んだ前回王者の背中を見て4秒8後、渡部暁は、控えめに右拳を掲げてゴールしました。

ほんの少しの差ですが、どうしても埋まらない差でした。

4年前のソチ五輪の再現のよう

4年前のソチ五輪でも見たことがあるような場面です。

ソチでの個人ノーマルヒルのフィニッシュ場面と重なります。

その時も、渡部が4秒2差で競り負けたのがフレンツェルでした。


今回の平昌五輪では約30秒前の首位をフレンツェルとともに追いました。

8秒先に出た渡部は、1キロ過ぎにもうフレンツェルに並ばれています。

4キロ付近で先頭集団に入りました。


そこからは、「暗黙の了解」で交互に前に出て、レースを引っ張りました

渡部とフレンツェル、お互いがいなければ違った結果になったことでしょう。

フェアな勝負をした2人

ノルデック競技は先頭を走ると風を受けて消耗します。

そこで、なるべく集団の後方に控える選手が多いのです。


だが渡部とフレンツェルの2人は、フェアな勝負をして勝利を目指します。

フェアな勝負とは、交互に前に出て先頭を走りレースを引っ張るということです。


渡部暁は「だから彼を尊敬できる」と言います。

銀メダルという結果にも、全力で挑んだ末の決着と受けとめ、表情は晴れ晴れとしています。

良いライバル関係ということでしょう。

スポンサーリンク


最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

ブックマークよろしくお願いします。