ピョンチャン五輪 女子マススタート初代女王 高木菜那の作戦とは?

ピョンチャン五輪のスピードスケートの新種目である女子マススタートで、高木菜那が金メダルを獲得しました。

団体追い抜き(パシュート)金メダルに続き2個目のメダルを獲得。

マススタートの初代女王となりました。

実はそこには 高木菜の作戦があったのです。

その作戦についてまとめてみましたので御覧ください。

スポンサーリンク


新種目の女子マススタート

今回の五輪が初の新種目である女子マススタートが24日に行われました。


序盤から、先頭集団を形成しオランダのイレーネ・スハウテンの後ろでチャンスをうかがった高木菜那。


終盤に入り、最後のカーブで内側に鋭く切れ込みトップに踊り出ると、そのままゴールへ飛び込みました。


高木菜は何度もガッツポーズを繰り返しました。


ハッキリ言って狙っていました!

終盤まで好位置につけてチャンスを伺っていました。

そして最後のカーブに全てをかけて一気に飛び出したのです。

高木菜の作戦勝ちと言えるでしょう。

高木菜那の練りに練った作戦

レースを終えた高木菜は満面の笑顔でインタビューに答えました。


「この種目が始まってから表彰台に上ったことはあったんですけど、


金メダルという一番高いところには今まで上ったことがなかったので、


最高の舞台で一番高いところに立てて本当にうれしいです


レースを振り返って高木菜は、


「オランダ勢が最後に2人で仕掛けてくると思っていた。


イレーネ選手の後ろについて、狙えるところで狙っていこうと考えてました」


まさに練りに練った作戦でしたね!


作戦通りにレースを進める力もあったのでしょう。

高木菜那は佐藤綾乃の無念も背負った

女子マススタートに出場したもう一人の日本選手である佐藤綾乃


活躍が期待されていましたが、不運にも転倒に巻き込まれてしまいました。


残念ながら決勝進出を逃した佐藤綾乃の無念も背負った高木菜那は試合後にこう語りました。


「2人でワンツーフィニッシュを狙っていたんですけど、


佐藤の分まで金メダルを取りに行くつもりだった」


日本の女子選手が同一大会で金メダル2個を獲得するのは五輪史上初です。


冬季と夏季を合わせても初になります。


「最高のオリンピックにできた。本当によかったです」


本当に作戦が当たって良かったですね。。

スポンサーリンク


最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

ブックマークよろしくお願いします。