高木菜那に報奨金4千万円と3階級特進で係長

平昌冬季五輪のスピードスケート女子で二つの金メダルを獲得した高木菜那選手。


その功績に対して、親会社で精密モーター大手の日本電産の永守重信会長兼社長が28日、高木菜那選手に報奨金4千万円を出すそうです。


また、3階級特進して係長級になることも決まりました。


高木菜那選手は「いつもサポートしてもらっている。感謝の気持ちでいっぱい」と語りました。

スポンサーリンク


高木菜那選手の平昌五輪の成績

高木菜那選手は、女子団体追い抜きで金、女子1500メートルで銀、女子1000メートルで銅の三つのメダルを獲得した高木美帆選手の姉です。


妹に勝るとも劣らぬ成績で、団体追い抜きマススタートで金メダルを獲得。


マススタートは今回五輪初の競技で、高木菜那選手が初代女王となりました。


高木菜那選手がマススタートで見せたラストの直線で一気に抜け出した光景が忘れられません。


女子団体追い抜きでは姉妹で出場するなど、初めてのことが多い姉妹です。

日本電産は以前も報奨金を支給

日本電産が報奨金を出したり階級を特進させるのは初めてではありません。


2010年のバンクーバー冬季五輪でも、男子スピードスケートの銅メダリスト加藤条治選手ら日本電産サンキョーの選手2人に、報奨金計1600万円を支給


半分を日本電産の永守会長兼社長がポケットマネーから支給し、さらに2階級特進させています。


選手へのサポートが充実している会社なんですね。


上位の選手になればなるほど海外遠征などにかかる費用が増えるので、金銭的なサポートはありがたいですね。

高木菜那選手の所属部

高木菜那選手が所属するのは、日本電産サンキョーの前身、旧三協精機製作所のスピードスケート部。


この部は長野冬季五輪の金メダリスト清水宏保選手らが所属していた名門です。


経営不振のため03年に日本電産傘下に入り活動を続けています。


金銭的なサポートを受けて、選手がのびのびと活躍できる環境というのが素晴らしいですね!

スポンサーリンク


最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

ブックマークよろしくお願いします。